相模原市橋本駅徒歩2分の鍼灸院「はりきゅうマザーステラ」

腰痛

腰痛

腰痛改善症例多数
腰痛がなぜここまで改善されるのか?

  • 口コミランキングで1位を頂きました。
  • 多くの治療家から、支持を頂いております。
  • 国家資格を取得した院長自ら施術します。

こんなお悩みを抱えている方はすぐ当院にご相談ください! 腰痛の専門家が責任を持って施術します!

  • 腰が痛くて仰向けになれない
  • 腰が痛くて前にかがめない
  • 腰が痛くて歩くことができない
  • 起き上がるのに時間がかかる
  • 朝起きたときに腰に痛みを感じる
  • 座っていたり、立っていたりすると腰が痛くなる
  • ぎっくり腰を繰り返す

 

腰痛が治らない理由   

筋肉、骨格に原因がある腰痛は、腰の筋肉、骨格にアプローチすることで改善することがあります。
その場では良くなっても、再発を繰り返すという場合は、日常生活の動作などに原因があるかもしれません。

腰にはまったく異常がないのに腰痛が起こる場合もあり、腎結石や膀胱炎、卵巣炎などが原因であれば、どんなに腰部の処置を行っても再発を繰り返すことになります。

さらに、食欲不振、寝つきが悪い、ちょっとしたことにイライラするなどの心理的因子や雇用問題など社会的背景が原因になっている可能性もあるのです。実は、慢性腰痛の20%以上が、そのケースだろうといわれています。

 

腰痛を改善し、再発を予防するための当院の5つのSTEP

 

1. あなたに合った治療をするための、丁寧なカウンセリング

丁寧なカウンセリング

現在のお身体の状態を確認します。お悩みや身体の状況を問診し、触診、腹診、脉診など様々な方法で丁寧に確認し、カウンセリングをしていきます。特に経絡のツボに精通しているため、脈を見ただけでもお身体の状況をかなり正確に把握できます。

 

2. 専門医ならでは!こだわりの痛くない鍼、心地よい灸

心地いい施術

鍼灸の専門医だからこそ、気持よく施術を受けていただくために、鍼や灸にはこだわりがあります。

はり◆鍼へのこだわり
こだわりの鍼は鍼職人がこだわって造り上げた純国産伝統鍼を使用しています。髪の毛程の細さ(0.12~0.18mm)でやさしく皮膚を刺激しますので、痛みはありません。
何も感じないことが多いようです。使い捨て(ディスポーザブル)鍼をであるため、感染の心配はありません。どうしても不安な場合は、先端を丸くして皮膚を強く押しても痛くない鍼を使用します。

お灸◆灸へのこだわり
きゅうは、基本的に間接的に温めるものを使用します。暖かさを感じる程度で、心地良くリラックスすることができます。
熱いイメージですが、やんわりとした温かさでリラックスできるとご好評いただいております。

 

3. 不調を根本から改善する「根本治療」

はり

単に不調を取り除くだけではなく、自然治癒力を向上させることで再発しにくいよう治療します。鍼灸治療は「治未病」といって、症状として現れる以前の不調を治すことが本道です。

その場かぎり痛みを和らげるのではない「根本治療」ですので、不調があるのに、病院に行っても何ともないといわれた方や、どこへ行っても改善されなかったという方も、是非一度ご相談ください。

 

4. 再発予防のアドバイス!親身丁寧で徹底したアフターケア

アフターケア

みなさまが充実した人生を送ることができるよう、親身丁寧なアフターケアを徹底しています。治療内容の説明と、生活での注意点、今後の治療のことなどを説明いたします。また、お一人お一人の症状とライフワークにあわせた再発防止のアドバイスは、ご好評いただいています。

 

5. 駅徒歩2分で通いやすい!明るくて清潔なプライベート空間

快適な室内

橋本駅から歩いてすぐの場所にある治療室は、完全個室で他人の目を気にすることなく、落ち着いて施術を受けていただけます。そのため、お子様連れでも、まわりに気兼ねすること無く治療を受けていただけます。
また、徹底した衛生管理のため、 患者さま専用の使い捨て鍼、刺鍼前には局所を消毒しており、使い捨て枕カバーを使用しています。

当院での改善法

まず、その人の体質に合った全体調整を行います。そのうえで、症状に応じた施術を行います。

症状が現れている部位はもちろんのこと、仙骨周辺、鼠径部付近の反応に対して、さらに身体全体の状態を確認しながら施術します。

 

腰痛でお悩みの方 、どこへ行っても改善されたかった方、 鍼灸がはじめの方も

「根本治療」鍼灸の専門院で その違いを体験してみください。

rd-bnr1施術料6,000円⇒初回4,200円(税別)

ご予約はお電話・WEB予約で受付中。
「初回限定キャンペーン見ました」とお伝えください。

web予約

 

具体的な腰痛の症例  

正月の疲れから風邪気味となり、日がたつにしたがって咳込むようになり、腰が痛くなってきたと言って来院。

初診

咳に着目して、風邪に対する処置を行った後、腰背部の左右差、上下差を整え、腹部から鼠径部の反応のあるところを処置。

 

2診(2日後)

初診後、腰の痛みが軽くなり、咳も軽くなってきたとのこと。初診と同様の処置を行いました。

 

3診(4日後)

ほぼ腰の痛みがなくなり、咳き込むこともなくなったとのこと。初診と同様の処置を行いました。

 

4診(2日後)

腰の痛み、咳が完全になくなり、体調が回復したことを実感したとのこと。客観的所見からも、回復が確認できたので、腰痛と風邪に対する処置は終了。
その後は、体調管理を兼ねて、定期的に受診されています。 腰痛とはまったく無縁と思われる咳が治まることで、腰痛が緩和した例です。
この例のように、腰そのものには問題がなく、ちょっとした体調の変化で腰痛が現れることが多いものです。初期には簡単に緩和しますが、きちんと対処しないと、難治の慢性腰痛につながることがあります。  

※「免責事項」こちらに掲載された事例やお客様の体験談は、個人の感想や成果によるもので、万人への効果を保証するものではないことをご理解ください。施術による効果には個人差があります。

腰痛 のブログ記事一覧

腰痛の意外な原因

腰痛は、人類が二足歩行を始めて以来の宿命ともいうことができ、ほとんどの人が経験し …

相模原市橋本の鍼灸は「はりきゅうマザーステラ」 PAGETOP