相模原市橋本駅徒歩2分の鍼灸院「はりきゅうマザーステラ」

更年期障害の症状は複雑で多岐にわたります。東洋医学的立場から考えてみると、その理由がわかってきます。

目次

  1. 更年期障害とは
  2. 更年期障害の症状
  3. 更年期障害の現代医学での治療法
  4. 更年期障害の東洋医学的考え方

 

更年期障害とは

 更年期障害とは、病名ではなく、一般的な呼び名です。女性特有のものと思われていますが、現実には男性にも存在する、不定愁訴の総称です。

 ここでは、女性の更年期障害について、記述していきます。

 更年期とは性成熟期から老年期にかけての移行期のことです。つまり、45歳~55歳の時期で、月経がなくなる閉経期前後の10年間であり、月経が乱れ始めると更年期前期に入ったとみなし、閉経後5年間を更年期後期と呼びます。

 更年期が始まる時期は、早い人で40歳代前半、遅い人でも50歳前後と、人によって多少のずれがありますが、多くの女性がこの間の2~3年間は経験すると言われています。

 更年期の時期は、卵巣ホルモンの分泌が成熟期から老年期へ移行するので、月経異常をきたすと共に身体的、精神的な病的現象が現れます。この病的現象や違和感を口にすることを愁訴と言います。ただ、この愁訴は本人のみが感じる自覚症状で、他人には理解されにくいものなので、不定愁訴と言われます。

 更年期の不定愁訴を更年期障害と呼んでいます。

 

 

更年期障害の症状

 のぼせ、ほてり、発汗が三大徴候と言われますが、その他、冷え、頭痛、頭重、肩こり、不眠、イライラ、ヒステリー、心悸亢進、頻尿、性行為が煩わしい、性交時痛、腹部膨満、めまい、耳鳴り、神経過敏、記憶力減退、視力障害、眼の痛み、便秘、下痢、精神の不安定、脂肪過多などです。更年期の症状

 これらの症状の重い、軽いは人によって異なり、同一の人でも、一つの症状が長時間持続することは少なく、日によって変化することもあります。また、複数の症状が同時に出現することも多いようです。

 肉体的な症状の他に、この世代の人は、子離れや定年、老後の不安、自分の若さに対する誇りの喪失、家庭問題、夫婦関係など、社会的環境や家庭環境の変化に伴う心理的要因も加わって、うつ状態に陥る人も多いとされています。

 さらに、更年期世代では、糖尿病、高血圧、心臓病、骨粗鬆症などの生活習慣病も考慮しなければなりません。

 

 

更年期障害の現代医学での治療法

 現代医学では、更年期障害を、婦人科疾患あるいは自律神経失調症といった心身症の一部として取り扱いますので、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを併用投与するホルモン補充療法が主となります。

 また、神経症状には抗不安薬や抗うつ剤などで対応し、漢方薬を併用することもありますが、その成果は芳しいものではないようです。

 

 

更年期障害の東洋医学的考え方

 東洋医学では、更年期障害を「血の道症」として扱います。また、「瘀血症」、あるいは気虚して失血することから、「気虚血虚症」としても扱います。

 つまり、気血の過・不足、陰陽の不調和、つまり、身体の上下・左右・前後・内外の陰陽のアンバランスによって病が生ずるとみています。

 特に問題になるのは、上下の陰陽バランスです。人体は上焦で発する陽気が下り、下焦で発する陰気が昇ることにより、気の上下交流が行われ、健康体を保っています。

 この陰気と陽気の交流が妨げられ停滞すると、陽気は熱となって体外に放出することができなくなり、上焦部に肩こり、頭痛、頭重、耳鳴り、鼻や喉の障害などの症状を現します。

 一方、下焦は陰気が昇らず停滞し、冷えから来る月経異常、腹痛、腰痛、下肢の冷えなどの症状を現します。

 このような現象を、経絡を通じて上下陰陽の交流を図り、頭寒足熱の健康体に調整することが治療となります。

 更年期障害の主な病証は逆気現象なので、陰虚証が最も関係が深いと思われます。陰虚は、精気、原気(三焦の原気)、水気(津液と血)の不足によって起こり、内側に虚熱と呼ばれる、上または外に向かって進もうとする性質の熱を生じます。この熱が逆気現象の根本となります。

 その他、冷えのみを訴える陽虚証や陰実証の方もありますが、陰虚証に比べて複雑になってきます。

 更年期障害では、喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七情の乱れの内因と、夫婦関係、嫁姑門地、子離れできない女性の悩み、母として妻としてそして一人の女性として自己の存在、人生観の悩みなど、人間関係や心の悩みが複雑に絡まって各症状が現れます。それだけに、個々人の症状は様々で、同一ではありません。

 

相模原市橋本の鍼灸は「はりきゅうマザーステラ」 PAGETOP